top of page
Street Art

​GREETING
ごあいさつ

Hello​ World,

Thank you for visiting my website today.

 

I began playing the violin at the age of 5 and went on to study in Europe when I was 19. At the music academy I attended, each student was treated as a unique individual artist, and there were no distinctions based on age, year of study, or enrollment year. This environment allowed me to relax and be myself, and I've always been able to stay true to who I am. Through countless performances on various stages, I've come to feel a sense of returning to my roots every time I step on stage, thinking, "Ah, this is where I truly belong."

 

Creating my own world entirely, the stage where I can be most myself has become a comforting haven, much like leaning against the grassy meadows in the warmth of the sun. The violin is half of my being, and being without it feels like missing half of myself. Standing on stage with my violin is my home and oasis.

 

I would be immensely grateful if as many of you as possible could experience the feeling of my concerts, akin to a delightful home gathering.

こんにちは。

本日は私のウェブページに訪問してくださりありがとうございます。

私は5歳からヴァイオリンを始め、19歳のときヨーロッパに留学しました。

入学した音楽院では個々の学生がそれぞれ個性を持った1人の演奏家として扱われ、

年齢や、何年次の、何年度入学の学生などという括りにされることはありませんでした。

そのことが気持ちを大いにほぐし、私は常に自分自身であり続けることができました。

そのような環境でたくさんの舞台で演奏を重ねるうちに、舞台に立つたびに

「ああ、やっぱりここが自分の戻ってくるべきところだな」

という、どこか故郷に帰った気持ちになるようになりました。

完全に自身の世界を作ることができ、

生きている上で最も自身でいられる舞台がホーム、家であるという感覚は、

日だまりの中の草原に背中を預けるように優しく私を包んでくれます。

そしてヴァイオリンは私にとって身体の半分であり、

ヴァイオリンなしでいることは、私にとって身体の半分しかないようにどこか不安を覚えるのです。

ヴァイオリンを持って立つ舞台はまさに私にとって家であり、オアシスでもあります。

 

1人でも多くの方に、いままで感じたことのない世界観を私と共に味わっていただけたら幸いでございます。

Let’s Work Together

​澁谷伶奈にお力になれることがありましたら、ぜひお気軽にお声がけください。

  • Instagram

Thanks for submitting!

bottom of page